TOYOTA トヨタ ハイエース HIACE KDH201 1KD TEREXS エンジン内部洗浄 イベント「箱車祭」

トヨタ ハイエース HIACE KDH201 1KD 117,000㎞ 整備 TEREXS エンジン内部洗浄 オイル交換

神奈川県 相模原市 M様

施工車両: ハイエース ディーゼル KDH201 1KD

走行距離: 117,000㎞

2022年9月4日(日) 千葉県袖ケ浦市牛込海岸駐車場で行われましたイベント

「箱車祭」にお客様のご厚意にて参加させていただきまして、現地出店して

施工をさせて頂きました。ありがとうございます!

↓ ハイエース  エンジン内部洗浄 オイル交換 風景↓

TOYOTA トヨタ ハイエース HIACE KDH201 1KD  TEREXS エンジン内部洗浄  イベント「箱車祭」

 

【 ハイエース 施工前問診】

オーナーM様のお話によると、なんとなくエンジンからのノイズが

大きくなってきたのと、黒煙が多くなってきた!

メンテナンスがてらTEREXSエンジン内部洗浄でリフレッシュしてみよう

との事でご依頼いただきました!

実際、経年による「シャリシャリ」系のエンジンノイズが大き目で

スラッジはしっかり溜まっている感じです。

↓ ハイエース メーターパネル↓

TOYOTA トヨタ ハイエース HIACE KDH201 1KD  TEREXS エンジン内部洗浄  イベント「箱車祭」

 

TEREXSマシンとハイエースの1KDエンジンをホースで接続して洗浄オイルを

還流させます。洗浄開始から5分程でエンジンノイズはかなり低減しました。

これにはM様も「あれっ?エンジンもう静かになってるじゃん!」と

驚きのご様子でした。

洗浄中、レスポンスの鈍いエンジン回転域を探りながらレーシングさせます。

レスポンスも良い感じです。

15分間の還流後はオイルエレメントを新品に交換して

TEREXSオイル5W-30 DL-1オイル注油して施工終了。

 

↓ハイエース エンジンルーム ↓

TOYOTA トヨタ ハイエース HIACE KDH201 1KD  TEREXS エンジン内部洗浄  イベント「箱車祭」

 

【 ハイエース 施工後の感想】

イベント開催中につき車両移動が出来ず試走は出来ませんでしたが

エンジンノイズがかなり低減したのと、気になっていた黒煙も

かなり減った!とのご感想を頂きました。

走行でのご感想は後日改めて頂きます。

【追記】

ハイエースの多走行車両や中古車でご購入された方や、経年車や旧型車両(旧車)を

ご使用されている方にお勧めしたいのがTEREXSエンジン内部洗浄です。

中古車に買い替えた場合や多走行車両の場合TEREXSエンジン内部洗浄を施工することで

かなり調子が良くなる傾向にあります。特にディーゼル車やハイブリッド車などは

エンジンノイズが低減し、非常に気持ち良いエンジンに蘇ります。

発売より年数が経過していて、主に街中を低速走行で使用されている車両にはオイル交換や

車検と同時にぜひともTEREXSエンジン内部洗浄をお試しください!

「非分解式オーバーホール 」や「エンジンデトックス」とも呼ばれており、人間界で言うところの

いわゆる「人口透析」のようなイメージの施工方法です。

街中を低回転域で走行することが多い車両はカーボンやスラッジが溜まりやすく

オイル交換だけでは落ちきれない汚れをしっかり除去してくれるのがTEREXSエンジン内部洗浄なのです!

最低でもハイエースの場合10,000Kmもしくは年に1度、出来ることであればオイル交換毎に

エンジン内部を徹底洗浄することで、常に良い状態でハイエースを使用することが可能です。

オイルは人間の体で言うところの血液の様な役割で、エンジンの冷却効果や

回転部などの潤滑作用に貢献しますので、オイル交換サイクルが延びてしまうと

エンジンへの負担が大きくなり、燃費の悪化にも繋がり、ハイエースが持つ本来の性能を発揮できません。

ハイエースや商用車の場合、最低でも5,000㎞に一度はオイル交換をしましょう!!

ハイエースを愛車にされていらっしゃる方へ

①ハイエースのエンジンノイズが大きくなってきた

②ハイエースのレスポンスが重ったるい

③ハイエースはオイル交換をしてもすぐにオイルが減る

④ハイエースはオイル交換をしてもエンジンがうるさい

⑤ハイエースのアクセルが重い

⑥ハイエースの燃費が悪くなってきた

上記の様なハイエースのオーナー様はぜひ次回のオイル交換や車検と

同時に「TEREXS エンジン内部洗浄」をお試しくださいませ。

その他 色々な車種の施工例はこちらから

 

 

 

おすすめ記事